とりあえずやってみた

書きたい事を書く事にする

「お母さん喉乾いた」「自分で入れなさい!!」「無理~」って話

タイトルが若干ぶっ飛んでると思うんですが我が家で良くある会話なんですね。

と言うのも子供が「喉乾いたから誰か何か入れて」って言うてくるんですけど

他力本願も甚だしい!!

って話なんですよ。


だって喉が乾いたのなら自分で入れたらえーやん。(子供5歳)

冷蔵庫からお茶なり、水なり出してやな
コップ用意して注いだらえーやん。

それを「誰か」「何か入れて」やからな。


自分の意思は無いんかい!
自分でしようって気は無いんかい!

って親としては心配に思ってしまうのです。


自分で考えて、行動して、挑戦してくれるような子になってくれたらなと思いつつも、現実は

「あー冷蔵庫早く閉めて」
「あーもー溢れる」
「あー溢した」


結局重い腰上げて自分等がする羽目に。




でやな、それらの面倒を救ってくれるのは何か?って事を紹介したい。


それがこちら

ウォーターサーバー




何でウォーターサーバーが子供の居る家庭におすすめやねんって思うでしょうね。

今から説明します。



低さこそ正義!!



上記画像を見て頂くと高さが分かると思うんですね

浅田真央さんの身長は163cm
その半分は81.5cm
半分を腰とした場合なんとなくウォーターサーバーの高さが分かると思うんですね。

注ぐスイッチ(レバー)がある部分が浅田真央さんの太ももの付け根ないし太ももだとしたら60cmぐらいの高さ

あれ?子供で余裕で届くやん♪って事を伝えたいんです。



うちの実家にはウォーターサーバーがあって
実家に帰ると実際うちの子達は勝手に水注いでる。

親の仕事は割れないコップをウォーターサーバーの近く、そして取りやすい場所に置く事。

子供ってさ自分で何でもやりたい人種やん

パパ見て!自分でできた!(褒めろ、褒め称えろ) って人種なのね

大人に認めてもらいたい、褒めてもらう事を幸せと思ってる


だから子供のチャレンジ精神や成長を促す意味も込めて
冷蔵庫から取り出すお茶や水ジュースよりも
自分でできるウォーターサーバーの方が良いと思う。



子供は自分で入れれる事に感動を覚え、
親は重いお尻をあげる事なくゴロゴロでき、
そしてウォーターサーバーからは
常に冷たい水が出て、常に温かいお湯が出て、炭酸水も作れる、
そんなウォーターサーバーは如何ですか?


ってお話でした





おわり