とりあえずやってみた

書きたい事を書く事にする

「瞬時に人の性格を見抜く力の鍛え方」

f:id:kusabii:20170804103158j:plain



簡単に言うたら「初対面でため口きいて許してくれる人と許してくれへん人の見極め方」


f:id:kusabii:20170804103213j:plain





それを今から話していく。



私は接客業を長年やっておりまして、人の事を良く観察するようになりました。


その結果

こいつ、ため口オッケー

こいつ、ため口アカン

って分かるようになったんですね。




その感覚を鍛えるのはとても簡単で

人の事を良く観察する事


人なのでやはり
「顔」「声」「仕草」「行動」等
色んなとこに情報が詰まってます。



簡単な事でいくと「嘘ついた時」って人は「目が泳いだり」「目をそらしたり」します。まず間違いなく挙動不審になります。

特に「目」



*例題

恐い嫁「あんた!酒飲んだらアカンってあれほど言うたのに酒飲んだやろ!!」

アル中夫「いや、の、ののの、飲んでない、よ」

大体がこんな感じですよね。



こういった手法を複数組み合わせて一瞬で判断して、ため口で話すだけ。

ね、簡単でしょ?


詳しく言うと
「部分的にタメ口で話す」
「顔、態度を見る」

セーフならタメ口を増やす

繰り返す
セーフならタメ口を増やす

繰り返す
セーフならタメ口で話す


これの積み重ね。


この方法はあくまで「タメ口で話しても怒らないフランクな人ね」

仕事なんやから敬語は使って。


しかし仕事であって商売なのでね、当然ながらこのやり方が全てのお客様に当てはまる訳ではありません。



例えば
「客やぞ!」って人には最初から最後まで丁寧な接客をします。

だってめんどくさいから

おら!俺は客やぞー!
俺は客やから何してもかまへんのやぞー!

って奴と話すのは時間の無駄なだけやから、用が済んだのならはよ帰れ!って思ってる。



逆に「なー兄ちゃん聞いてやー」ってババアも敬語で話します。

だってめんどくさいから


楽しくお話して頂ける方とは楽しく話すけど「聞いて聞いてババア」は本間に害や。
何もおもんない。
だからはよ帰れって思う。




どんな人間が良いの?って言うと

「金持ってそうな人」
「歳の少し離れた人」
「同類の人」
「柔らかいオーラの人」

ごめん、ほぼ直感

「金持ってそうな人」
金持ち争わず


「歳の少し離れた人」
歳近い若僧にタメ口きかれたら怒る人多いんやけど、少し離れてたら何故か可愛がってくれる


「同類の人」
同類とは仲良くなるやん


「柔らかいオーラの人」
こればっかりは文章で説明できないんですが、雰囲気で柔らかい人って分かりません?あれです。

ただし偽者も居てます。
雰囲気はニコニコしてて柔らかそうなんですが、本当は怖い人が居てるのでやはり経験ですね。


慣れるしかないんで、ひたすら声かけて場数踏むしかない。

って言う結局は丸投げ